あいの里児童会館子育て講座2/23報告

あいの里児童会館で子育て講座の

代役ピンチヒッター

テーマは、春からの就園にむけてのお話し。

お話会といっても、私一人でおしゃべり

するわけではなく、参加されるみなさんと

井戸端会議風に、
また、ちょっと聞いてみたいことがあったら、

投げかけてみましょう…のユルい感じのスタート。

 

就園のことでは、今までの生活をかえたり、

プレッシャーかかるような声かけをしないこと。
それより早寝早起きの方が大切なこと。

 

習い事スタートを同時進行ではなく、

ちょっとずらした方がいいこと。

 

慣れるまでは、土日のどちらかは家で

ゆっくり出来るようにゆるゆるスケジュールで。

 

 

その他にはお母さんたちからの

子育てイロイロあるあるのお話しがでてきましたよ。

お母さん同士でうちもだわ~
その時期のトンネルはもうすぐ終わるよ

保育園に預けて働くことは、

子どもにとってどうなのかな?とか。

また、悩んでいたお母さんにも

○○ちゃんってこんな良いところあるよ~

 

館長さんも、子どもにはその子なりのペースがあることや

他の子にはないような得意なことがあるなど、

話していただき、少しはお気持ちがゆるんでもらえたかな~

 

 

集団生活においての「みんな一緒」は

大人にとって都合のいい所を切り取って

見ているだけなのかもしれません。

 

願わくは、その一緒の枠は、

ウレタンか何かでできていて、

ぶつかってはみ出ようとしても痛くない、

また、外に出て戻りたくなったら

いつでも帰ってきてね、

そんな声掛けが聞こえてくるような場所だったら

いいのになぁ。

 

その中で子どもたちが自分なりのペースで成長できると、

お互いに苦しくないのかなぁ。

(と、話したかった…のにうまく言葉が繋がらず

館長さん、ありがとうございます)

 

一番よかったことは、こちらの地域のママさんたちの

暖かい気持ちが伝わってくるそんな雰囲気

ご参加の皆さん、ありがとうございました

あいの里ネウボラまむまむステーション見守りボラ2/20報告

先日,あいの里助産院さんでの
あいの里ネウボラまむまむステーションでの、

見守りドゥーラとして、出かけてきました。

前回、あいの里助産院の嶋本先生が

わらべうたとかいいよね~と、

おっしゃってたので、今回は、カラーの布と

ユキちゃん(ウォルドルフ人形)も、一緒に。

わらべうた(となえうた)
🎵ぼうずぼうずかわいときゃかわいいけど、

にくいときゃぺしゃん

抱っこしたり、ねんねしたり、

おむつを取り替えるときとか、
はたまた、どうして泣いてるの~💧
私も泣きたいよ~とか…

そんなときにだっこしながら、

唱えるように

繰り返してうたってみてくださいな。

決してコワーイ顔とひくーい声は、

かえって逆効果!!

お母さんも赤ちゃんも、

高ぶった気持ちを切り替えるヒントや

きっかけになったらいいなぁ。

いいんです。可愛くないときもあるんです。
可愛くないって、私はお母さん失格だわ~💧

なんてことないよ。

産後ドゥーラなかむらゆりです。

はじめまして、

産後ドゥーラの

なかむらゆりと申します。

産後ドゥーラという言葉を

ご存知でしょうか?

 

産後ドゥーラとは、

産前産後の女性に寄り添い

母と暮らしを支える人。

 

 

家事や育児の支援、

また、子育ての相談事など

マルチなサポートを

提供いたします。

 

 

4年前にドゥーラサポートをスタートし、

初めての子育てに戸惑うご家族

、上のお子さんへのフォローや、

また双子のご家族などの

お世話をしてきました。

 

また、子育て支援イベント開催展示や

他団体の見守りボランティアとして

出かけています。

 

会場でよく耳にする言葉は、

もっと早く知りたかった、

自分の産後の時に

お手伝いしてもらいたかった、

様々なお声をお聞きしました。

 

そこで北海道にも産後ドゥーラが

活躍していることをPRしながら、

保育士の経験や

赤ちゃんとの暮らし方のヒント、

また自身の農家の暮らしなどの

ブログを更新して参りたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。