産後ドゥーラになったのは?

2013ねんのこと。

地元の新聞に小さな記事を

見つけました。

新しい職業として産後ドゥーラが

紹介されていました。

赤ちゃんが生まれたばかりの

お母さんやその家族の育児支援や

家事支援を行うというもの。

イギリスやドイツ、アメリカなどの

外国では

確立されている職業ということ。

 

高齢出産と育児と農家の仕事で

気持ちが溺れそうになって

体の調子も今一つで

もう社会に出て働くことはできないなぁ~

保育園の仕事ももうムリ

ずっとそう思っていました。

 

でも、この記事を見たときに

感じた気持ちは、今でもはっきりと

覚えています。

 

あっ、私コレできる!

気持ちがすーっとして

久しぶりのワクワク感。

 

でも、講座は東京に行くしかない。

その切り抜きを大事にしまって

ネットでドゥーラ協会を調べたのが

2013年のこと。

 

ギリギリまで迷って

次の年のホームドゥーラ講座を

受けに東京へいくことにしたのが

2014年が明けてからのことでした。

(当時は、3日間のホームドゥーラ講習が

あり、ステップアップで産後ドゥーラ講座を

受けるシステムになっていました)

 

つづく

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です